『クレイ』ってそもそもなんでしょう。

漠然とイメージはできても

最初は「クレイってなに?」って思いますよね?

 

次に、よく聞かれるのが「泥?」という質問。

泥は粒子の大きさによって

「シルト」と「粘土」に分類されるのですが

粒子がとっても細かい2ミクロン以下の粘土鉱物が

『クレイ』なのだそうです。

2ミクロン以下ってどのくらいかというと

ファンデーションの粒子くらい。

お肌に塗ってもすべすべしていますよね。

 

では、もともとは何かというと「岩石」です。

太古の昔、火山灰や溶岩が海や谷底に何層にも堆積し

地殻変動などの巨大な圧力も加わって

何億年もかけて変化、熟成してできたものです。

ミネラルが豊富に含まれていて

その比率によって色合いが変わるそうです。

(アロマフランスHPより)

その『クレイ』は何のために使うか?というと

パックや入浴剤として使用し

目的は、デトックス=「カラダのお掃除」です。

そのためには「クレイの純度」がとても重要です。

 

岩石の種類によっては、粘土鉱物になるものと

2ミクロン以下であっても

粘土にならないものがあるそうです。

たとえば、クォーツとか。

自然の中にあるものですから

100%というのはむずかしいのです。

しかしアロマフランスの各クレイは

鉱物構成の割合は80%以上と

純度がとても高い『クレイ』です。

クレイには吸収・吸着・イオン交換作用があります。

「粘土鉱物」と言われるものだけが

この作用を持っているのです。

だから、「クレイの純度」はとっても重要なのです。

 

アルアロマでは、アロマケア前の

「クレイフットバス」がとても好評です。

おうちでもクレイがあれば

全身どっぷり「クレイバス」に浸かって

デトックスができますね。

今後も「クレイ」に親しんでいただけるよう

わたし自身がお顔のパックやお風呂に、うがいなど、

クレイにふれて、楽しみながら感覚も深めております。

 

 

ご予約はこちら(空き状況も確認できます。)

https://reserva.be/aruaroma

アクセス https://aru-aroma.net/access.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です